ワキガの手術で注意したい5つの副作用。ワキガ対策したのに悪化?

ワキガの臭いに耐え切れず、デオドラントを使いまくるも一向に臭いが消えない!
もういっそうのことワキガの手術をして楽になりたい。
そんな風に考えている方は、あなたをはじめ全国に多くいるかと思います。

ワキガ手術は、主に脇を切開してアポクリン腺を取り去ることが目的です。
しかし、注意がひつようなのが副作用です。
今は医療の技術も進歩しているので必ず全て該当するとは限りませんが、リスクとして知っておくことは無駄ではありません。

ワキガ手術の副作用を知る。

1.手術をしたのに、臭いが消えない。
2.手術の傷跡が残る。
3.脇が色素沈着する。
4.発汗機能の乱れ(自律神経の乱れ)
5.代償性発汗が発症

ワキガの手術をしたいけど余計に悪化するのではないか!?
そう思うのは無理もありません実際に、手術をした後に後悔することになっては元も子もないですからね。

このワキガ手術のリスクを解消するのが、、、

切らないワキガ手術」です。

切らないのに手術。冒頭で記載したようにワキガの手術の目的は「アポクリン腺」を取り除くことです。
皮膚の中にあるので、脇を切開して取り除くのが普通なのですが、超音波エコーでアポクリン腺を消滅させます。

取り除く=消滅させる。効果は一緒ということなんですね。
当然のことながら、脇を切開しないので「傷跡が残る」と言った副作用は考えなくても良いのがメリットです。

【参考】切らないワキガの手術、「Ulthera Dry(ウルセラドライ)」とは?

切らないワキガ手術の副作用はあるの?

ウルセラドライは脇の切開をしませんので傷跡が残りません。

場合によっては施術後に赤みや軽度の熱傷がみられることもあります。
しかし、日常生活には問題ない程度なのでワキガ手術を検討中のあなたには嬉しい情報ではないでしょうか?

更にメリットとして、
治療時間が短い、ダウンタイムが短いなどです。

ウルセラドライのワキガに対するアプローチとしては、マイクロ波にあります。
アポクリン汗腺・エクリン汗腺のように水分の多い汗腺に反応するのが特徴です。

マイクロ波で破壊された汗腺は再生しないこともあり半永久的に効果を発揮。
ワキガの手術で再発や悪化を懸念する声の回答になるのではないでしょうか。

しいて言えばウルセラドライの費用が30万円と高額なことです。
しかし、クリニックによっては医療ローンでもワキガの手術が受けられます。

お金はないけど、ワキガの悩みをなんとかしたい!
そんな人が活用できる嬉しい制度ですね。

それでも、ワキガの手術を受けて見たい人は?

あの悩みが、電波を当てるだけでは臭いが消えるか信用できない。
そんな、風に考える方も少なくありません。

副作用を恐れずワキガ手術に挑みたい。
そんな方にもあえてご忠告するとすればクリニック選びを慎重に行うことです。

費用が高い割には効果を得られない。
手術に失敗した。こんな声もチラホラ聞きます。

失敗しない、ワキガ手術の選び方が重要なんですね。

ワキガ対策に見ないと損します。

   

 - ワキガ対策に手術の選び方